メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ

道産子たちの挑戦/4 女子スピードスケート・高木美帆選手(23) 金メダルを狙いたい /北海道

競技後に観客の声援に応える高木美帆=長野市のエムウェーブで2017年12月27日、手塚耕一郎撮影

世界で争う力蓄え続け

 日本の女子スピードスケート界をけん引するオールラウンダーとして成長を遂げた。初出場の2010年バンクーバー冬季五輪から8年。当時、「スーパー中学生」として注目を集めたが、今回はメダル獲得の最有力選手としての実力を身につけ「金メダルをしっかり狙いたい」と、頂点を目指す戦いに挑む。

 出身の十勝は「スピードスケート王国」と呼ばれ、1998年長野五輪金メダリストの清水宏保(帯広市)や、バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した長島圭一郎(池田町)を輩出している。

 初の五輪は幕別町立札内中3年だった15歳。スピードスケートで史上最年少の代表入りだった。結果は10…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです