メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

「精いっぱい戦う」 アイスホッケー代表・中村選手が八戸市長に /青森

市スポーツ大使の委嘱状を手にする中村亜実選手(左)とソチ五輪で着用したユニホームを贈られた小林市長=八戸市役所で

 来月開幕する平昌冬季五輪で、アイスホッケー(IH)女子の日本代表として出場する八戸市出身のFW中村亜実選手(30)が9日、市役所で小林真市長に出場を報告し、「県と市を代表して精いっぱい戦う。メダルを持って帰れるように頑張る」と抱負を語った。

 小林市長は「ぜひ頑張ってほしい。メダルを期待している」と激励。中村選…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです