メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
祭典を前に

平昌五輪開幕まで1カ月/上 分断の地、融和願う 南北共催を一時模索

大会を前に、平昌五輪スタジアム近くの川沿いに掲げられた国旗。北朝鮮国旗もはためくことになった=韓国・平昌郡で2017年12月、神足俊輔撮影

祭典(チェジョン)を前に

 南北朝鮮を分かつ軍事境界線(38度線)に南接する「高城(コソン)統一展望台」の眼前に、金剛山(クムグァンサン)が連なる。11年前まで南北離散家族再会事業の面会場が設けられていたが、今は行き来が遮断された。平昌(ピョンチャン)五輪の競技会場は、ここから南へ約100キロ。半島で唯一、38度線で分断される行政区「江原道(カンウォンド)」の3都市に、全てが集められた。

 1950年に始まった朝鮮戦争が、53年に休戦に入ってから65年。「(戦争の傷痕が残る)江原道は『平…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです