メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOC

北朝鮮の平昌五輪参加で20日に4者協議

「スイス・ローザンヌのIOC本部で」発表

 国際オリンピック委員会(IOC)は10日、北朝鮮が平昌冬季五輪に参加する具体的な方法等について協議するため、IOC、韓国と北朝鮮の国内オリンピック委員会、大会組織委員会の4者による会談を20日にスイス・ローザンヌのIOC本部で開くと発表した。北朝鮮は9日に、平昌五輪への参加を表明していた。

     会談には両国の政府高官やIOC委員らが出席し、IOCのバッハ会長が議長を担う。北朝鮮から参加する選手や役員を決めるほか、国旗や国歌、ユニホームなどの取り扱いについても協議する。

     バッハ会長は「IOCはこの政治的な決定を実現させなければならない」とのコメントを発表した。【石井朗生】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]