メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

64年パラ車いす陸上「金」 キャズ・ウォルトンさん 一問一答

 ウォルトンさんとの主なやりとりは、次の通り。

 --2012年ロンドン・パラリンピックはBPAの職員として自国開催の祭典を支えた。

 ◆ロンドン大会は多くの試合会場が満員になったこともあり、テレビ放映も盛んで、成功例として取り上げられる。障害者アスリートが好奇の目にさらされることなく、競技者としてとらえられるようになって健常者の意識に変化をもたらしたと思う。

 --陸上、フェンシング、卓球、水泳の4競技でメダルを獲得した。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 日焼け止め 使用でビタミンD不足…20代女性に調査
  4. 20政令市 日焼け止めクリーム、プールで半数ダメの訳
  5. 18年 台風が最多ペースで発生 8月に初の5日連続で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです