メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祭典を前に

平昌五輪開幕まで1カ月/下 「施設活用」かすむ憲章 大会後、運営赤字試算も

平昌五輪で開閉会式がある平昌五輪スタジアム。中心部で開会式演出の準備が進んでいた=韓国・平昌郡で2017年12月、神足俊輔撮影

 五角形の形状が特徴的なスタジアムの中心で、開会式の演出の準備が進む。大会関係者が「具体的な内容は極秘」とささやく中、円形のステージがセリを使い、ゆっくりと地下から押し上げられた。平昌(ピョンチャン)五輪のメイン会場で、開会式と閉会式が行われる平昌五輪スタジアム(3万5000席)。完成したスタジアムの外側に回ると、客席のスタンドを支える骨組みがむき出しになっていた。

 五輪スタジアムは、競技が実施されない五輪史上初の「行事専用施設」。ステージは、各国首脳らが観覧する…

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです