メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラ

ホテル利用しやすく 64年の金メダリスト

1964年の東京パラリンピックに出場したキャズ・ウォルトンさん=東京都千代田区の英国大使館で2018年1月12日、佐々木順一撮影

 1964年東京パラリンピックの車いす陸上で二つの金メダルを獲得したキャズ・ウォルトンさん(70)=英国=が12日、毎日新聞のインタビューに応じた。英国パラリンピック委員会(BPA)の一員として来日したウォルトンさんは2020年東京パラリンピックに向け、「自国の選手の好成績を期待するだけでなく、高次元で行われる競技を楽しんでほしい」と語り、東京大会の課題でもある宿泊施設のアクセシビリティー(利用しやすさ)についても注文を付けた。

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1383文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]