メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/1 スキージャンプ せめぎ合う開発と規定

ジャンプ女子W杯個人第5戦の予選を白のスーツで飛んだ岩渕=宮間俊樹撮影

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会の予選があった12日、平昌五輪代表の岩渕香里(北野建設)は公式練習で1回目は黄色とオレンジ、2回目は黒、予選は白と、この日飛んだ3回で、すべて異なるジャンプスーツを試した。翌13日は、さらに別のスーツで本戦1回目に臨んだが、飛ぶ直前の計測で地面から股下までの長さがスーツを着ていない状態で事前に計測した登録データよりわずかに短く、スーツ規定違反で失格した。

 各国の激しい開発競争で共通するのは、浮力を得ようと股下や両脇部分を水かきのようにして表面積を極力広…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文985文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです