メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/2 モーグル 太いパンツ、あら隠す

 宙返りなどの空中技(エア)を繰り出しながらコブの斜面を滑り降り、審判が採点した得点で競うフリースタイルスキー・モーグル。選手たちは、一般のスキーヤーと同じような、上下とも少しゆったりとしたウエアを着用している。

 採点はターン(滑る際のスキー操作)が60点、エアとスピードが各20点の計100点満点。スピードも評価されるなら空気抵抗を減らすため体に密着するウエアでもいいように思えるが、「それでは足の隙間(すきま)が見え、膝が割れているように見えてしまう」とナショナルチームの城勇太コーチ。重視するのはターンやエアで、いかに両膝がそろっているように見せるか。特にパンツが太めに作られているのには、な…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文748文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです