メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/2 モーグル 太いパンツ、あら隠す

 宙返りなどの空中技(エア)を繰り出しながらコブの斜面を滑り降り、審判が採点した得点で競うフリースタイルスキー・モーグル。選手たちは、一般のスキーヤーと同じような、上下とも少しゆったりとしたウエアを着用している。

 採点はターン(滑る際のスキー操作)が60点、エアとスピードが各20点の計100点満点。スピードも評価されるなら空気抵抗を減らすため体に密着するウエアでもいいように思えるが、「それでは足の隙間(すきま)が見え、膝が割れているように見えてしまう」とナショナルチームの城勇太コーチ。重視するのはターンやエアで、いかに両膝がそろっているように見せるか。特にパンツが太めに作られているのには、な…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文748文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです