メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/2 モーグル 太いパンツ、あら隠す

 宙返りなどの空中技(エア)を繰り出しながらコブの斜面を滑り降り、審判が採点した得点で競うフリースタイルスキー・モーグル。選手たちは、一般のスキーヤーと同じような、上下とも少しゆったりとしたウエアを着用している。

 採点はターン(滑る際のスキー操作)が60点、エアとスピードが各20点の計100点満点。スピードも評価されるなら空気抵抗を減らすため体に密着するウエアでもいいように思えるが、「それでは足の隙間(すきま)が見え、膝が割れているように見えてしまう」とナショナルチームの城勇太コーチ。重視するのはターンやエアで、いかに両膝がそろっているように見せるか。特にパンツが太めに作られているのには、な…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです