メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

開会式 安倍首相出席か否か 政府対応に苦慮

安倍晋三首相の平昌五輪出席問題を巡る政府・自民党の意見

 2月9日の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式に安倍晋三首相が出席するかどうかを巡り、政府が対応に苦慮している。各国要人が集まる開会式への出席は2020年東京五輪・パラリンピックへの協力を呼びかける好機だが、韓国政府は慰安婦問題に関する日韓合意を批判し、日本国内では反発が広がる。首相は国会日程を理由に明言を避けているが、難しい判断を迫られている。

 開会式出席を巡っては、首相は15日、訪問先のブルガリアで「国会日程を見ながら検討したい」と述べ、出…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文813文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです