メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/3 カーリング フィットするグローブ

素材は同じだが、藤沢(右)は鮮やかなピンクの厚手、鈴木は黒で薄手のグローブを着用している=宮間俊樹撮影

 カーリング女子で五輪初出場となるLS北見のスキップ藤沢五月(26)は、リンクでひときわ目立つピンク色のグローブを身につける。ブラシを握るだけが役割ではない。「(味方に指示をする)コールが観客の声援で聞こえない時に見えるように」と、ジェスチャーを伝えやすくする目的もある。手がけるのは、化学メーカーのクラレ(東京都)だ。

 クラレが使用したのは人工皮革「クラリーノ」。天然皮革に近い質感ながら、軽量で一定程度の伸縮が可能な…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです