メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

南北初の合同チーム合意 統一旗で入場行進

 【ソウル米村耕一】韓国と北朝鮮は17日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のアイスホッケー女子で南北合同チームを結成することや、開会式で朝鮮半島を描いた「統一旗」を先頭に南北合同で入場行進することで合意した。北朝鮮はパラリンピック代表団や230人余りの応援団を派遣する意向も表明。役員や選手団などを陸路で韓国入りさせる方針も明らかにした。スイス・ローザンヌで20日に開かれる国際オリンピック委員会(IOC)、五輪組織委員会との4者会議で最終決定する。

 南北がスポーツの国際大会で合同チームを結成した例はあるが、五輪で実現すれば初めてとなる。五輪での合…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文828文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです