メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/4 フィギュア 試行錯誤、手製の一着

衣装製作に取り組む片岡さん=福田智沙撮影

 ウインタースポーツの華といわれるフィギュアスケート。選手は技とともに美も競う。

 母親の手作りや、バレエ・ダンス用品メーカーの既製品を使う選手も少なくない。だが、トップ選手になると事情が変わる。既製品だと他選手と重なることもあるし、他選手と同等の演技をした場合は衣装の印象が明暗を分けることも。そこで、専門のデザイナーや職人に依頼する選手もいる。

 平昌五輪男子代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)の衣装を約7年にわたって製作するのは、片岡真知子…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです