メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/4 フィギュア 試行錯誤、手製の一着

衣装製作に取り組む片岡さん=福田智沙撮影

 ウインタースポーツの華といわれるフィギュアスケート。選手は技とともに美も競う。

 母親の手作りや、バレエ・ダンス用品メーカーの既製品を使う選手も少なくない。だが、トップ選手になると事情が変わる。既製品だと他選手と重なることもあるし、他選手と同等の演技をした場合は衣装の印象が明暗を分けることも。そこで、専門のデザイナーや職人に依頼する選手もいる。

 平昌五輪男子代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)の衣装を約7年にわたって製作するのは、片岡真知子…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文710文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  4. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  5. 米ニューヨークで一時大規模停電 ミュージカルも中止に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです