メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/4 フィギュア 軽く、素肌感覚意識

衣装製作に取り組む片岡さん=福田智沙撮影

 ウインタースポーツの華といわれるフィギュアスケート。選手は技とともに美も競う。

 母親の手作りや、バレエ・ダンス用品メーカーの既製品を使う選手も少なくない。だが、トップ選手になると事情が変わる。既製品だと他選手と重なることもあるし、他選手と同等の演技をした場合は衣装の印象が明暗を分けることもある。そこで、専門のデザイナーや職人に依頼する選手もいる。

 平昌五輪男子代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)の衣装を約7年にわたって製作するのは、片岡真知子…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです