メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/4 フィギュア 軽く、素肌感覚意識

衣装製作に取り組む片岡さん=福田智沙撮影

 ウインタースポーツの華といわれるフィギュアスケート。選手は技とともに美も競う。

 母親の手作りや、バレエ・ダンス用品メーカーの既製品を使う選手も少なくない。だが、トップ選手になると事情が変わる。既製品だと他選手と重なることもあるし、他選手と同等の演技をした場合は衣装の印象が明暗を分けることもある。そこで、専門のデザイナーや職人に依頼する選手もいる。

 平昌五輪男子代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)の衣装を約7年にわたって製作するのは、片岡真知子…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文711文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです