メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

小池知事「平壌五輪になりつつある」

小池百合子知事=2018年1月、柳澤一男撮影

定例記者会見で 「北朝鮮の攻勢が巧みだ」とも

 来月9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪で、北朝鮮の芸術団や選手団などの派遣が相次いで決まったことに関連し、小池百合子知事は19日の定例記者会見で「このところかなり北(朝鮮)のペースになっている。平昌大会というよりは『平壌(ピョンヤン)大会』になりつつあるのではないかというくらい、北朝鮮の攻勢が巧みだ」と述べた。

 2020年東京五輪・パラリンピックを開催するにあたり、政治と五輪の関係について問われた小池知事は「平和の祭典であるべきで、平昌大会が平和に行われてほしいと誰もが思っている」と述べた。小池知事は平昌五輪の開会式には出席しない。【円谷美晶】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです