メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/5止 スピードスケート 「窮屈」求め二人三脚

ウレタン素材を活用したスーツを着て、深い前傾姿勢で滑る高木美=手塚耕一郎撮影

 女子短距離の小平奈緒(相沢病院)や中長距離の高木美帆(日体大助手)ら、平昌五輪でメダルラッシュが期待されるスピードスケートのレーシングスーツの肝は「窮屈さ」を追求したことにある。製作を担当したミズノの辻中克弥パターン開発課長は「従来はこちらからの提案型だったが、今回は初めて日本スケート連盟と共同開発した」。勝負着は、現場と二人三脚で作り上げた。

 大きな特徴は、伸び縮みしにくいウレタンを多く取り入れて胸部や腹部、太ももに張り付けたことだ。スーツ…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです