メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

北朝鮮、平昌五輪参加(その1) 「平和の演出」先行 圧力後回し、譲歩の韓国

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会まで3週間を切り、ホスト国・韓国で北朝鮮選手団などの受け入れ準備が活発化している。20日には南北合同チーム結成、開会式での合同入場が決まり、21日には北朝鮮の事前視察団が訪韓した。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の新年の辞を受け、北朝鮮ペースの「平和の演出」が進む。韓国側には、うたげの後の正念場を見据えた対応を求める声も出ている。【ソウル米村耕一】

 韓国・江原道(カンウォンド)の江陵(カンヌン)駅。21日午後1時前、ソウル発の韓国高速鉄道(KTX…

この記事は有料記事です。

残り1905文字(全文2152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです