メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

Promises・2020への約束 筋力自慢対談 レスリング・文田健一郎/重量挙げ・糸数陽一

それぞれの競技のポーズを取る文田(左)と糸数=根岸基弘撮影

 <東京五輪まであと913日・パラリンピックまであと945日>

向上心、源に「金」を

 競技の枠を超えて2020年東京五輪・パラリンピックへの思いを語り合う「Promises 2020への約束」は昨年の世界選手権で長いブランクを埋めた筋力自慢の2人が顔を合わせた。レスリング男子で34年ぶりに金メダルを獲得した文田健一郎(22)=日体大=と、重量挙げ男子で銀メダルを獲得して36年ぶりの表彰台に上がった糸数陽一(26)=警視庁。世界で活躍してともに感じたのは「東京での金メダル」への強い思い。あくなき向上心が2人の強さの源だ。【構成・松本晃、小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2875文字(全文3149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです