メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ

パラリンピック出場 道内ゆかりの5選手 /北海道

筋力トレーニングに励む須藤悟選手=中標津町で

日本代表選手団、須藤選手が主将

アルペンスキー・狩野選手 3連続メダル期待

 3月9日に開幕する平昌パラリンピックの日本代表選手33人が22日発表され、北海道にゆかりのある選手5人も選出された。日本代表選手団の主将は、中標津町在住でパラアイスホッケーの須藤悟選手(47)が務める。

 注目されるのは、アルペンスキーの狩野亮選手(31)=網走市出身。2010年のバンクーバー大会、14年のソチ大会と大回転を連覇し、ソチでは滑降も制して2冠を達成した。11月に毎日新聞に寄稿したコラムでは「(平昌パラリンピック)本番の3月には最高の滑りができるよう、時間を使っていきたい」と、3大会連続のメダル獲得に向けて意気込みを示している。

 パラアイスホッケーでは須藤主将のほか、広瀬進(46)、三沢英司(44)の両選手もメンバーに選ばれた…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです