メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ

パラリンピック出場 道内ゆかりの5選手 /北海道

筋力トレーニングに励む須藤悟選手=中標津町で

日本代表選手団、須藤選手が主将

アルペンスキー・狩野選手 3連続メダル期待

 3月9日に開幕する平昌パラリンピックの日本代表選手33人が22日発表され、北海道にゆかりのある選手5人も選出された。日本代表選手団の主将は、中標津町在住でパラアイスホッケーの須藤悟選手(47)が務める。

 注目されるのは、アルペンスキーの狩野亮選手(31)=網走市出身。2010年のバンクーバー大会、14年のソチ大会と大回転を連覇し、ソチでは滑降も制して2冠を達成した。11月に毎日新聞に寄稿したコラムでは「(平昌パラリンピック)本番の3月には最高の滑りができるよう、時間を使っていきたい」と、3大会連続のメダル獲得に向けて意気込みを示している。

 パラアイスホッケーでは須藤主将のほか、広瀬進(46)、三沢英司(44)の両選手もメンバーに選ばれた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです