メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ドイツの料理を給食に 事前合宿迎える沼田市 /群馬

横山公一・沼田市長らと一緒に給食を味わう児童

 2020年東京五輪・パラリンピックでドイツのフェンシング協会が沼田市で事前合宿をすることから、市は23日、ドイツの食文化を学んでもらおうと市内の小中学校など21校にドイツ料理の給食4270食を提供した。

 メニューは、牛乳とライ麦パン▽バウエルンフリューシュトゥック(農夫の朝食)▽スパゲッティーソテ…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです