メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

通訳ボランティア 全国7外国語大学から学生100人 東京五輪へ「経験生かす」

渡航前のガイダンスで活躍を誓う神田外語大の学生たち=千葉市美浜区の神田外語大で

 2月9日に韓国で開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に、全国の外国語大学7校から100人の学生が通訳ボランティアとして参加する。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、通訳ボランティアの需要が高まる中、専門知識を備えた人材を育成するのが狙い。神田外語大英米語学科2年の大内聖来(せいら)さん(20)は「今回のボランティア経験を20年大会では社会人として生かしたい」と話している。【秋丸生帆】

 参加するのは、関西外国語大▽神田外語大▽京都外国語大▽神戸市外国語大▽東京外国語大▽長崎外国語大▽…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文875文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです