メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度当初予算案 一般会計7兆460億円 五輪費用を本格計上 前年度比1.3%増加 /東京

記者会見で2018年度都予算案を説明する小池百合子知事=都庁で

 都が26日に発表した2018年度当初予算案は、一般会計7兆460億円、特別会計と公営企業会計を合わせた総額は14兆4440億円になった。一般会計は、20年東京五輪・パラリンピックの開催準備費用を本格的に計上したことなどを受け前年度比1・3%増となり、2年ぶりに増加。小池百合子知事が編成した2回目の予算案は、都民提案や都職員提案を盛り込むなど、新機軸もみられた。【芳賀竜也、柳澤一男、円谷美晶】

 「より一層、無駄の排除を徹底した。前回以上にメリハリがついた予算(案)に仕上げることができたと自負…

この記事は有料記事です。

残り2331文字(全文2579文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです