メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

南北合同、スキー練習は実施へ 韓国、揺さぶりに苦慮

北朝鮮アイスホッケー選手(右から4人目)の誕生日を共に祝う南北合同チームの選手ら=韓国中部・忠清北道の鎮川選手村で29日(大韓体育会提供)

 【ソウル大貫智子】北朝鮮が2月4日に開催予定だった南北合同の文化行事を中止すると29日夜に通報してきたことを受け、韓国統一省関係者は30日、「現在のところ、(他の)今後の日程は合意通りに準備をしている」と明らかにした。北朝鮮南東部の馬息嶺(マシンリョン)スキー場での合同練習は予定通り31日と2月1日に実施する方向。平昌五輪に出場するアイスホッケー女子の南北合同チームは30日も合同練習が行われた。

 ただ、北朝鮮は19日夜にも、翌日に予定されていた芸術団派遣のための事前視察団の訪韓日程を突然取り消…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文598文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです