メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

「偉大な17日間になる」 IOC・バッハ会長現地入り

珍富駅でボランティアらに迎えられ、平昌五輪のマスコット・スホランを手に笑顔を見せるIOCのバッハ会長=佐々木順一撮影

 <平昌五輪まで9日>

 【平昌・岩壁峻】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が30日、平昌冬季五輪(2月9日開幕)の開催地、韓国に到着した。仁川国際空港から五輪会場周辺まで延伸した韓国高速鉄道(KTX)で、スキー会場近くにある珍富駅へ移動し、歓迎式典に臨んだバッハ会長は「素晴らしく偉大な17…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです