メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季パラリンピック

アイスホッケー代表報告 西東京市職員・高橋和広さん「目標はメダル」 /東京

西東京市の丸山浩一市長(左)に報告する平昌パラリンピックのパラアイスホッケー日本代表で市職員の高橋和広選手=同市田無庁舎で

 3月9日開幕の平昌(韓国)冬季パラリンピックに、パラアイスホッケーの日本代表選手として出場する西東京市職員、高橋和広さん(39)が31日、同市田無庁舎で丸山浩一市長に代表決定を伝えた。攻撃の要であるFWの高橋選手は、丸山市長と握手し「目標はメダル」と抱負を語った。

 高橋選手は市立保谷第一小、市立青嵐(せいらん)中を卒業。大学3年だった2000年、スノーボードで着地に失敗して脊髄(せきずい)を痛め、下半身が動…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです