メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

南北合同練習始まる 韓国選手が北朝鮮へ

 【ソウル大貫智子】韓国と北朝鮮が平昌(ピョンチャン)冬季五輪の「前夜祭」と位置付ける、北朝鮮南東部・馬息嶺(マシンリョン)スキー場での南北合同練習が1月31日、始まった。2月1日まで。対北朝鮮制裁違反にならないよう、米側との協議が当日まで続いたが、予定通り実施された。

 韓国の選手ら45人を乗せたアシアナ航空のチャーター機は31日、韓国北東部の襄陽(ヤンヤン)国際空港を出発し、約1時間後、北朝鮮南東部の葛麻(カルマ)飛行場に…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです