メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界の主役

平昌の金メダル候補/3 絶対王者、慢心せず ミカエル・キングズベリー=男子モーグル・カナダ

ミカエル・キングズベリー(25)

 ワールドカップ(W杯)では、ここまで出場87試合で48勝を挙げ、種目別で6シーズン連覇中と成績では他の追随を許さない。ただ、五輪初出場となった前回のソチ大会は、優勝候補最右翼と目されながら銀メダル。平昌では自身が唯一手にしていないタイトルを奪いに来る。

 激しいターンを繰り返しながらも体の軸は全くぶれることがなく、膝を柔軟に使って衝撃を吸収し、そのスピードは落ちない。エア(空中技)も、難度の高いダ…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです