メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌へ

道産子たちの挑戦・第2部/2 女子アイスホッケー・床亜矢可(23)、秦留可(20) 攻守の鍵握る姉妹 /北海道

ロングシュートを打つDF床亜矢可=札幌市豊平区の月寒体育館で、手塚耕一郎撮影

「2人一緒」が原動力

 2大会連続で冬季五輪に出場する女子アイスホッケー「スマイルジャパン」で、攻守の鍵を握るDF床亜矢可(とこあやか)(23)とFW秦留可(はるか)(20)姉妹は、競技が盛んな氷都・釧路市の出身だ。元西武鉄道で日本代表のDFも務めた父泰則さんにアイスホッケーを教わり、亜矢可は「秦留可と2人でメダルを取り、両親に一つずつかけてあげたい」と感謝の思いを抱き、夢の大舞台に挑む。

 前回のソチ五輪で代表入りした亜矢可は、DFとして2ゴールを挙げている。当時は守備の役割を果たすこと…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文867文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです