メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

アイスホッケー合同チーム 南北に言葉の壁 「同宿」も実現しないまま

 【ソウル米村耕一】平昌冬季五輪のアイスホッケー女子に出場する韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」が4日夜、スウェーデンとの練習試合を韓国・仁川で行い、1-3で敗れた。コリアのマリー監督は試合後の記者会見で、善戦した選手のプレーを評価しながら、南北の言語の違いによるコミュニケーション問題など、急ごしらえのチーム編成の難しさについても吐露した。

 マリー監督は「南北で言語が違うとは考えていなかった。ミーティングの際も英語から韓国語、さらに北朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文690文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです