メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

警備員ノロウイルス症状 保健当局、原因究明へ

 【平昌・平本泰章】平昌五輪大会組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)会長は6日、大会の警備業務を担っていた民間の警備員らがノロウイルス感染とみられる症状を訴えたため、保健当局が原因を究明していることを明らかにした。李会長は「大会を前にこういうことになったのは残念に思う」と述べた。患者数は検査終了を待って…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです