メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

開会式「選手が中心」 日本・斎藤団長、役員は最小限に

体調管理のため選手が欠席した選手村の入村式で、記念撮影する日本選手団の斎藤泰雄団長(前列左から3人目)たち=山崎一輝撮影

 平昌五輪の日本選手団が7日、江陵市内の選手村で入村式に臨んだ。歓迎の踊りを披露したダンサーと日本の役員らが一緒に踊るなど和やかなムードで進行。日本選手団は赤富士の置き時計を選手村に贈った。

 日本選手団の斎藤泰雄団長は続いて行った記者会見で、9日の開会式について、選手の前を行進する役員の数を最小限にとどめる考えを明らかにした。2016年のリオデジャネイロ五輪では多数の役員が…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです