メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

狙いは文在寅政権懐柔か 金正恩氏の妹派遣

米韓同盟にくさびを打ち込む狙いも

 【平昌(ピョンチャン)・米村耕一】北朝鮮が7日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏の平昌五輪開幕式出席を通告したのは、最高指導者の近親を派遣して「韓国重視」の姿勢を見せ、文在寅(ムン・ジェイン)政権を懐柔する意図があると見られる。また、米国が制裁対象としている与正氏を起用して南北接近を演出し、米韓同盟にくさびを打ち込む狙いもありそうだ。

 韓国統一省によると、北朝鮮は与正氏の肩書を「党中央委員会第1副部長」と韓国側に伝達。韓国大統領府は…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです