メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪ジャンプ

葛西が8大会連続出場へ

スキージャンプ男子ノーマルヒルの公式練習を終えて電光掲示板を見る葛西紀明=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月7日、山崎一輝撮影

 平昌冬季五輪で8日に行われるノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒル予選に出場する選手が7日夜に決まり、45歳の葛西紀明(土屋ホーム)が4人のメンバーに入った。葛西は予定通りに出場すれば冬季五輪史上最多の8大会連続出場を達成する。

 7日夜の公式練習後にジャンプ日本代表の斉藤智治監督が出場メンバーを公表した。この日は昼間と夜の2回、練習が行われたが、葛西は夜の練習のみ飛んだ。

 9日の開会式に先立って8日午後9時半から行われるノーマルヒル予選には、伊東大貴、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)、小林陵侑(土屋ホーム)も出場する。竹内択(北野建設)がメンバーから外れた。決勝は10日に行われる。【江連能弘】

関連記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]