メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪ジャンプ

驚異的な成長 勢藤優花「沙羅と一緒に出られるなんて」

ソチ五輪後のサマーシーズン、トップ選手がそろう中で勢藤優花(右から2人目)は5位に入り、ここから急成長を遂げた。左端は伊藤有希、左から2人目は高梨沙羅=北海道士別市で2014年7月26日、江連能弘撮影

 4年前、「ジャンプは高校までにして看護師になろう」と考えていた選手が、驚異的な成長でノルディックスキー・ジャンプ女子の平昌五輪日本代表に駆け上がった。2月22日で21歳になる勢藤(せとう)優花(北海道ハイテクAC)。北海道上川町出身で、世界を引っ張る高梨沙羅(21)=クラレ=の幼なじみは「沙羅と一緒に五輪に出られるなんて思いもしなかった。あきらめず頑張って良かった」と12日夜に行われる大舞台に挑む。【江連能弘】

 2014年1月の雪印メグミルク杯。高梨が出場せず伊藤有希(土屋ホーム)が制した女子の部で、当時北海…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 兵庫・西宮 80代夫妻が死亡 無理心中か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです