メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スケート

菊池3姉妹 日本初、同時に世界の舞台へ

立岩湖の氷上で遊ぶ菊池姉妹。(左から)彩花、萌水、悠希、真里亜さん=長野県南相木村で1994年1月、菊池毅彦さん提供

 【平昌・神足俊輔】平昌五輪に、長野県の小さな村出身の3姉妹が出場する。スピードスケートの次女、菊池彩花(あやか)(30)=富士急、ショートトラックの三女悠希(ゆうき)(27)=ANA=と五女純礼(すみれ)(22)=トヨタ自動車。4年前のソチ五輪に出場したものの、今回は切符を逃したショートトラックの四女萌水(もえみ)(25)=稲門(とうもん)ク=の悔しさを胸に、9日の開幕を迎える。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1027文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです