メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

「南北合同」晴れやか アイスホッケー女子、エース格が共に聖火

平昌五輪開会式で、聖火を持って走るアイスホッケー女子合同チーム「コリア」の北朝鮮のチョン・スヒョン(左)と韓国のパク・ジョンア=韓国・平昌五輪スタジアムで2018年2月9日午後10時6分、手塚耕一郎撮影

 【平昌・米村耕一】9日夜に行われた平昌冬季五輪の開会式では、韓国と北朝鮮が合同で入場する際の「統一旗」の旗手や、聖火リレーの最終走者に南北両方の選手を一緒に起用し、「南北合同カラー」が積極的に打ち出された。

 2人で一緒に聖火のトーチを持ち、最後の点火をするフィギュアスケート金メダリストの金妍児(キムヨナ)さんへ手渡す役を務めたのは、アイスホッケー女子で南北のエース格として合同チーム「コリア」の主力を担う韓国のパク・ジョンアと北朝鮮のチョン・スヒョンだった。

 パク・ジョンアはカナダのジュニアリーグに所属した経験を持ち、自他共に認める看板選手。4日に仁川(イ…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文590文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです