メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

開幕 小平奈緒、葛西紀明、高梨沙羅、渡部暁斗、平野歩夢、高木美帆、宇野昌磨、高木菜那、本橋麻里らの話

 ◆小平「内にこめた思い滑りで」/渡部暁「ミスター・ナンバー2返上」

小平奈緒・日本選手団主将(スピードスケート)

 どんな大会でも誰よりも速く、自分のベストの滑りを見せるというのは五輪でも変わらないので、いつも通り最高の滑りを見せたい。あまり特別な大会と思わず、自分のやるべきことに集中したい。3回目の五輪だけれど、過去2大会も自分の成し遂げたいことにチャレンジできていた。今回も内に込めた思いを滑りで表現したい。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1279文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです