メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

開会式 8度目の五輪、旗手・葛西紀明 誓う、家族と歓喜 貧困支えた、天国の母よ妹よ

開会式で入場行進する日本選手団の旗手・葛西=平昌五輪スタジアムで9日、宮間俊樹撮影

 【平昌・江連能弘、神足俊輔】9日開幕した平昌冬季五輪の開会式で、五輪史上最多となる8回目の出場を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が旗手を務め、日本選手団を先導した。笑顔でスタンドに手を振りながら日本国旗を高々と掲げた「レジェンド」は、初めて五輪会場を訪れる家族の前で、空を舞う。

 葛西が長く競技を続けられている原点は、北海道下川町で過ごした少年時代にある。「米も買えなかった」と…

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1669文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです