メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

陸上の山本篤が出場へ スノーボードで

山本篤=東京・駒沢陸上競技場で2017年6月10日、宮間俊樹撮影

 日本パラリンピック委員会(JPC)は9日、平昌冬季パラリンピック(3月9~18日)日本代表に、夏季パラリンピック銀メダリストでスノーボード男子の山本篤(35)=新日本住設=と、ノルディックスキー・距離、バイアスロン女子座位の新田のんの(21)=北翔大=を追加したと発表した。ともに冬季大会は初出場。日本代表は計35人になった。

 国際パラリンピック委員会(IPC)の招待枠での出場となる。左脚が義足の山本は2008年北京、16年リオデジャネイロの両夏季大会の陸上男子走り幅跳びで銀メダルを獲得。趣味だったスノーボードでの平昌大会出場を目指し、昨年2月に国内大会に出場し、今季はワールドカップ(W杯)に参戦していた。【谷口拓未】

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]