メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

南北合同行進、融和へ第一歩 統一願い

 【平昌・福岡静哉、神足俊輔】9日開幕した韓国初の冬季大会の平昌五輪。統一旗を掲げ、合同チームとして入場行進した韓国と北朝鮮の「コリア」には、スタンドから大歓声が上がった。歓迎されたかに見える北朝鮮だったが、スタジアムを訪れた観客からはさまざまな声が聞かれた。

意見さまざま

 コリアは韓国側がボブスレー男子で地元の江原道(カンウォンド)庁に勤めるウォン・ユンジョン、北朝鮮側がアイスホッケー女子南北合同チームのファン・チュングムが旗手を務めた。入場時には朝鮮半島の民謡「アリラン」が流れ、多くの観客が立ち上がって手を振る中、選手たちも統一旗の小旗を振って声援に応えた。

 大田(テジョン)市から来た会社員、朴喜雄(パク・ヒウン)さん(55)は「南北選手が統一旗を手に行進…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1070文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです