メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪アイスホッケー

小さな守護神、磨いた自信 藤本那菜

笑顔を見せる日本代表のGK藤本那菜=東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで2018年1月24日、手塚耕一郎撮影

アイスホッケー女子・藤本那菜(28)

 柔和な物腰が、氷上に立つと一変する。ひな祭りの日に生まれた道産子は、五輪初勝利を期すアイスホッケー女子日本代表の守備の要になる。2015、16年の世界選手権、昨年の五輪最終予選はシュート阻止率が90%超。「4年の準備期間がしっかりあった。『2度目の五輪だから』って緊張もしていない」。決戦を目前に控えても冷静でいるのは、確かな経験を積んだからだ。

 5戦全敗に終わった14年ソチ五輪後の決断は思い切ったものだった。15年の世界選手権でベストゴールキ…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1002文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです