メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

アイスホッケー・コリア 南北融和し応援 「美女軍団」には戸惑い

 【平昌・神足俊輔、米村耕一、福岡静哉】平昌五輪は10日、韓国と北朝鮮のアイスホッケー女子合同チーム「コリア」が、スイスと対戦した。観客は「統一旗」を振って応援し、南北融和の雰囲気が会場を包んだ。

 一方で、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が北朝鮮の金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党第1副部長や国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らと観戦。政治的な影も見え隠れした。

 試合のチケットは完売。会場になった江陵(カンヌン)市の関東ホッケーセンターには、観客が列を作った。…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文986文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです