メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪アイスホッケー

日本女子、初スマイル持ち越し

【日本-スウェーデン】第1ピリオド、ゴール前で指示を出すGK藤本那菜(中央)=関東ホッケーセンターで2018年2月10日、佐々木順一撮影

 平昌五輪のアイスホッケー女子は10日、1次リーグが始まり、B組の日本(世界ランク9位)はスウェーデン(同5位)に1-2で惜敗した。第2ピリオド終了前に浮田(ダイシン)のゴールで同点に追いついたが、第3ピリオド序盤にミスから勝ち越しを許した。日本は1998年長野、2014年ソチの両大会はいずれも5戦全敗。五輪初勝利は12日に行われる次戦のスイス戦(同6位)に持ち越しとなった。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文784文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです