メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪

強風、中止相次ぐ スノボ女子いきなり決勝も

スノーボード女子スロープスタイル予選が中止となり、引きあげる大会関係者=フェニックス・スノーパークで2018年2月11日、宮間俊樹撮影

 周囲の山々に風力発電施設が目立つほど風が強い地域である平昌。五輪開催に向けて強風の影響が心配されていたが、11日のアルペンスキー男子滑降と、スノーボード女子スロープスタイル予選が強風のため中止に。大会第3日でいきなり不安が的中した格好だ。

 旌善(チョンソン)アルペンセンターで行われる予定だった男子滑降は15日に変更。これに伴い、男子スーパー大回転が15日から翌16日に移された。フェニックス・スノーパークでの女子スロープスタイルは予選がなくなり、12日にエントリーしている26人全員が出場して決勝のみ行う。

 午後1時半開始予定だった女子スロープスタイル予選は、直前の公式練習は通常通り行われたが、競技は開始…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文818文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです