メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪アイスホッケー

急造の合同チーム、不満改めてにじむ

試合が終わって集まる選手たちに、統一旗を振って声援を送る北朝鮮の応援団(手前)=韓国・江陵の関東ホッケーセンターで2018年2月10日、手塚耕一郎撮影

 アイスホッケー女子の南北合同チーム「コリア」が10日のスイス戦に0-8と大敗したことで、チーム内からは政治主導で急に決まった合同チーム編成方針への不満が改めてにじみ出た。ただ、監督や選手は気持ちを切り替えて12日のスウェーデン戦に臨む。

 スイスは世界ランキングで格上のチームだが、あまりの点差の大きさに試合後、コリアの多くの選手はショックを隠せない様子だった。主将のパク・ジョンアは会見で「多くの努力をしたにもかかわらず、こんなに点差が開いたことに失望したのは事実だ」と語った。

 大敗の理由に監督や選手は、北朝鮮選手12人が先月25日に合流してからわずか2週間で五輪本番を迎えた…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文657文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです