メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
五輪アイスホッケー

急造の合同チーム、不満改めてにじむ

試合が終わって集まる選手たちに、統一旗を振って声援を送る北朝鮮の応援団(手前)=韓国・江陵の関東ホッケーセンターで2018年2月10日、手塚耕一郎撮影

 アイスホッケー女子の南北合同チーム「コリア」が10日のスイス戦に0-8と大敗したことで、チーム内からは政治主導で急に決まった合同チーム編成方針への不満が改めてにじみ出た。ただ、監督や選手は気持ちを切り替えて12日のスウェーデン戦に臨む。

 スイスは世界ランキングで格上のチームだが、あまりの点差の大きさに試合後、コリアの多くの選手はショックを隠せない様子だった。主将のパク・ジョンアは会見で「多くの努力をしたにもかかわらず、こんなに点差が開いたことに失望したのは事実だ」と語った。

 大敗の理由に監督や選手は、北朝鮮選手12人が先月25日に合流してからわずか2週間で五輪本番を迎えた…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文657文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです