メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

平昌五輪・フィギュア バレエ取り入れ踊り大きく 田北志のぶさん「上体の表現」注目

グランプリファイナル女子SPで演技するアリーナ・ザギトワ=2017年12月8日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートとバレエは切っても切れない。19世紀、バレエ教師がスケーティングにバレエの要素を取り入れ、音楽に合わせて滑ることを考案。これが現在の形につながったと言われる。折しも平昌冬季五輪まっただなか。ウクライナの名門キエフ・バレエの元ソリスト、田北志のぶさんにバレエの観点からシングル主力選手の踊りとプログラムを解説してもらった。

 田北さんは幼少期、フィギュアスケートの元五輪代表、福原美和さんに師事、リンクに通う日々を送っていた…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1117文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. はやぶさ2 リュウグウ、まるで「そろばん玉」 画像公開
  5. コンビニ駐車場 男性刺される 殺人未遂容疑で男逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]