メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ワンコリア、対話よ進め 在阪の南北囲碁愛好家、交流24年 アイスホッケー「合同」に思い

統一旗の前で対局する李仁三さん(左)と李世訓さん=大阪市東淀川区で2018年2月8日、久保玲撮影

 五輪初の南北合同チームとして結成されたアイスホッケー女子「コリア」。「政治主導で決まった」「南北融和につながれば」--。批判や期待の声が交錯する中、平昌冬季五輪で合同チームは12日、スウェーデンとの第2戦に臨み、0-8で敗れた。韓国籍、朝鮮籍の在日コリアンが多く暮らす大阪では、南北の垣根を越えた各種交流が長く続いており、関係者は「南北一緒の五輪を機に、対話を進展させてほしい」と期待を込めた。

 「思想信条や所属団体は違っても交流は続けなくては」。大阪朝鮮囲碁協会会長の李世訓(リセフン)さん(…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1022文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです