メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 五輪スケート女子団体追い抜き 日本が金 一覧へ

五輪モーグル

原が日本史上初の銅メダル 男子

モーグル男子決勝でエアを決める原=ロイター
フリースタイルモーグル・原大智

 平昌五輪のフリースタイル男子モーグルの決勝があり、原大智(日大)が82.19点で、フリースタイル男子モーグル史上初、今大会日本人メダル1号の銅を獲得した。

 優勝は86.63点をマークしたミカエル・キングズベリー(カナダ)で、2位は82.57点のマット・グレアム(オーストラリア)だった。

 日本勢は遠藤尚(忍建設)、堀島行真(中京大)が決勝2回目に進んだが、いずれも転倒し無念の途中棄権となった。西伸幸(マンマーノフーズ)は決勝1回目でターンを失敗し、46.04点で2回目に進めなかった。

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]