メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ジャンプ 女子ノーマルヒル 沙羅、新たな一歩 103.5メートル2本で銅 4年のすべてぶつけ

スキージャンプ女子ノーマルヒルで3位に入りフラワーセレモニー後に写真撮影に応じる高梨(右)。左は2位のアルトハウス=宮間俊樹撮影

 (第4、5日)

 12日のノルディックスキー・ジャンプ女子は、高梨沙羅(クラレ)が1回目、2回目とも103・5メートルを飛び計243・8点で銅メダルを獲得。金メダルは今季W杯7勝のマーレン・ルンビ(ノルウェー)だった。

 「最後は自分を信じて飛べた。楽しんで飛べたのが一番の収穫」。五輪で飛んだ2本のジャンプに、高梨は心底、満足していた。4位に終わったソチ五輪の後は「つらいこともうれしいこともありながらの4年間だった」。そのすべてを平昌でぶつけられたか、との問いには、声を大きく「はい」と即答した。

 これまでの圧倒的な強さは影を潜め、今季はワールドカップ(W杯)で一度も勝てないほど苦しんできた。欧…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文727文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです