メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ジャンプ 女子ノーマルヒル 沙羅、新たな一歩 103.5メートル2本で銅 4年のすべてぶつけ

スキージャンプ女子ノーマルヒルで3位に入りフラワーセレモニー後に写真撮影に応じる高梨(右)。左は2位のアルトハウス=宮間俊樹撮影

 (第4、5日)

 12日のノルディックスキー・ジャンプ女子は、高梨沙羅(クラレ)が1回目、2回目とも103・5メートルを飛び計243・8点で銅メダルを獲得。金メダルは今季W杯7勝のマーレン・ルンビ(ノルウェー)だった。

 「最後は自分を信じて飛べた。楽しんで飛べたのが一番の収穫」。五輪で飛んだ2本のジャンプに、高梨は心底、満足していた。4位に終わったソチ五輪の後は「つらいこともうれしいこともありながらの4年間だった」。そのすべてを平昌でぶつけられたか、との問いには、声を大きく「はい」と即答した。

 これまでの圧倒的な強さは影を潜め、今季はワールドカップ(W杯)で一度も勝てないほど苦しんできた。欧…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文727文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]