メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード 男子1500 小田5位 日本勢20年ぶり入賞 初陣で快挙

スピードスケート男子1500メートルで5位になった小田=佐々木順一撮影

 (第4、5日)

 男子1500メートルは日本記録保持者で初出場の小田卓朗(開発計画研究所)が5位入賞を果たした。ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)は10位、中村奨太(ロジネットジャパン)が24位だった。

 キエルド・ナウシュ(オランダ)が金メダルに輝いた。

 小田が初出場で5位と健闘した。この種目での入賞は1998年長野五輪の7位・野明弘幸、8位・青柳徹以来、20年ぶり。日本男子がなかなか結果を残せていない中距離では快挙といっていい。

 ナウシュと同走のレースは中盤までに引き離されたが、最後の400メートルは相手を上回るラップで追いす…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文820文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]